Web動画用の映像制作が増えてきていますが、それと同時に値段競争も
激しくなってきていますがいいものをより安価で提供できますよう日々努力と工夫をしていこうと思います。