10月6日は国立文楽劇場にて日本舞踊の撮影でした。

 

 

 

 

 

 

こういう踊りの撮影は昔からあるのですが、いろいろ種類や流派があり、

 

撮影の仕方も多種多様な撮り方があります。

 

 

 

 

 

 

今回は日本舞踊なので基本的のアップはいかないのが主流です。

 

無論頭きり足きり、フレームアウトはもってのほかです。

 

流派によっても撮り方がかわりますので、舞踊の撮影は奥が深いですね。