先週は京都にありますホテルスクリーンにて、花束贈呈までの撮って出しエンドロールの撮影をしきました

エンドロール撮影

 

 

 

 

 

 

 

花束贈呈までといいますと、披露宴がお開きになる10分前くらいの演出になりますが

そこまで撮影して編集し、映像を流すというのはかなりの神業なんです!

もちろんDVDに焼く時間はありません!ですのでパソコンから直接ケーブルをだし

音と映像の信号をおくりプロジェクターなりに直接つなぐ事になります!

そのケーブルがダメならアウトです。時間ぎりぎりなんでパソコンがかたまればアウトです

そのような過酷といってもいい撮影ですが、やはり最後の最後までのシーンが有るというのは

感動的です!ですので新郎新婦様も望んでいらっしゃる方がかなり多いです!

撮って出しエンドロール

 

 

 

 

 

 

 

弊社ももちろん花束までのエンドロールは対応していますが、しかしながらリスクも高いし、

人手も2人以上は普通必要としますのでかなり高額な商品になりますね!他社は!

ですが、それは他の会社での話です!

なぜなら弊社は花束贈呈まで撮って出しエンドロールをたった一人でこなします!!!!!

ですから費用も他の業者と比べても相当安いです!そして何より1人で花束エンドロールができる

クリエイターは日本全国でもほんの一握りなのです!

それほど高度でかつハイリスクであるため普通敬遠するのですね!

エンドロール編集

 

 

 

 

 

 

が、しかし弊社はわずかな人数の1人花束撮って出しエンドロールができるスーパークリエイターが

何人もいるのです!ですので低価格で実現できるのです!

このページをみたで、花束撮って出しエンドロールを80000円で致します!

ぜひこの機会にご連絡ください!