今月2度目の東京での撮影!今回も前回の東京出張撮影同様花束贈呈までの1人撮って出しエンドロールでした

東京ビデオ撮影

 

 

 

 

 

 

 

最近東京の撮影の話が多くなってっきましたが、花束贈呈までの業者がどうやら東京は少ないみたいです

エンドロール撮影

 

 

 

 

 

 

 

 

リスクがあるので、少ないのは分かります。今回も大変でした!

良い日なのでホテルは結婚式でいっぱいですので、披露宴会場がつまっており、花束の場合は披露宴会場内でしないと

できないので、会場がうまってますと準備が出来ません、もちろん上映チェックもできません!

でもこちらは1人なので、撮影もしなくてはなりませんからね。確認すると挙式の後の時間帯でないと披露宴会場が

あかないとの事、こういうことはよくあるのですが、準備、チェックができないと大変なので

挙式の撮影が終わって、フラワーシャワー、ブーケトス等撮影をして、ダッシュで会場へいきパソコンのセッティング

そして、上映チェック、さらにそこから先ほど撮影した素材をパソコンにキャプチャしまして、そこでやっと

編集にとりかかれます!この間の時間でいうと20分ないです。この時点で上映に問題がでたらチャラリーンです。

ビデオ編集

 

 

 

 

 

 

今回何事もなくいけましたが、本当に神経がすりへります、絶対に失敗はできないので!!!

このプレッシャーが重く肩にのしかかります!それだけ神経を研ぎ澄まし、まるで仏のような顔で編集撮影してますよ

準備、チェックが無事おわるとまずは一段落、ここから撮影に集中!随時取り込んで編集!の繰りかえしを

最後の花束贈呈までいたします。この花束贈呈を撮影したあと、ダッシュでパソコンにとりこみダッシュで編集

この時間大体5分です!この間に問題があれば、、、チャラリーン・・・です。

言うまでもないですが、次の日は安心してください!  飲んでますよ!