撮って出しエンドロール撮影というお仕事

結婚式のお開き時に当日の模様を上映する演出、今は結婚式に限ったことではありませんが

当日の模様を撮影し、編集し上映、まさに撮って、出すということから撮って出しエンドロールと呼ばれていますが

業界ではこの撮って出しエンドロールをするクリエイターが実は数が少ないという状況にあります。

しかし、一度覚えますと、そんなに難しいものではありません。スマホで動画を撮ることがあると思いますが、

スマホで編集できるアプリもありますし、それが業務用のビデオに代わるだけなので

作業自体は撮ったものを編集するというまぁ単純な作業なんです。

ビデオをまわして、パソコンで編集、これだけなんです。早ければ1ヶ月練習すればできるようになる人もいます。

そして、結構な日当にもなります。1日1万円から内容によっては4万円と高額なお仕事なんですね

撮って出しエンドロール

 

 

 

 

 

 

パソコンを全く触ったことがない方でも撮って出しエンドロールの仕事はできます、

その逆のカメラを触ったことがなくてもできます。カメラが無理ならパソコン、

パソコンが無理ならカメラ、という具合に撮って出しエンドロールのお仕事は撮影しかできなくてもオッケーなんですね

反対にパソコンで編集しかできなくてもオッケーなんです。どちらもできない方でもやる気さえあれば

すぐにできるようになります。

結婚式での撮って出しエンドロールというお仕事、幸せなお二人のいい笑顔を撮影するという

幸せな1ページを撮影するとてもいいお仕事なんですよね。そう私は思います。

技術の進歩によってスマホで4Kが撮れる時代です

動画がすごく身近になり、スマホでわが子を撮影、きれいな景色を撮影、そういう撮影というものがお仕事に

なる業種が今はたくさんあります。その中でも撮って出しエンドロール撮影というお仕事。

結構、高単価で需要もかなりあります。このブログをみて少しでも興味を持っていただけると幸いです。

エンドロール編集

 

 

 

 

 

 

◆次回は撮って出しエンドロールの基本的な撮影の仕方◆